ママさんバレーのDVD教材

こんばんは、主婦バレーボーラーの由美です。さて、お盆休みも土日を残すのみです。来週末にはママさんバレーの練習が再開になります。前回の記事では、サーブの練習についての話を書きました。東京バレーボールアカデミーのような個人レッスンがいいのではないかと思ったのですが、最近では、バレーボールのDVD教材も充実しているので、ママさんバレーのチームでシェアできるDVD教材がいいかと検討中です。東京バレーボールアカデミーの料金は、1レッスンあたり4千円程度です。ただ、個人指導なので、チーム全体の技術力アップには、結びつきづらいと思います。まずは、DVD教材で学んでから、チームの練習に取り入れ、それでも改善できない個人の苦手プレーは、個人レッスンで解決するという方法がベストだと思います。理屈のうえでは、完璧ですよね。一般向けのバレーボール教材もありますし、ジュニア向けもあります。ネットで探してみたら、ママさんバレーの教材もありました。ママさんバレーのチームは全国にかなりの数がありますし、大会や試合を取り仕切るママさんバレーボール連盟や協会も各都道府県に存在しています。ママさんバレーの団体や組織については、利権関係があるのか複雑です。それで、バレーボール教材についてですが、江上由美さんが解説者として出演しているママさんバレー上達の極意というDVD教材が私の所属しているチームには適していそうです。江上由美さんといえば、センターのポジションで活躍していた有名な選手で、現役を引退されてコーチとしてバレーボールに携わっているようです。いまは、小田急バレーボールクリニックというところで、指導者として活動しているみたいですね。ママさんバレー上達の極意のサイトには、トスが下手だとサーブが上手くならないと書いてあります。江上由美さんはサーブ賞を受賞しているくらいの方です。内容は信頼できると思います。レシーブやブロック、アタックにも同様のポイントがあるのでしょうね。いまの私の実力では、何がポイントかは分かりません。DVDには、自宅でも一人でできるサーブ練習方法が収録されているということで、どんな練習メニューなのか楽しみです。あと、強力なフローターサーブを打つ方法も興味深いですね。私はサーブが苦手なので、ボールにミートした瞬間にネットになるかどうか分かります。サーブのミスが多すぎて、ミスしたときの感覚が身についているのです。ママさんバレー上達の極意には、江上由美さんだけでなく、高橋有紀子さんも出演しているようです。高橋有紀子さんといえば、高校時代には大林素子さんと活躍されていたプレーヤーです。その後は、ソウルオリンピックとアトランタオリンピックに出場されていますね。ママさんバレー上達の極意は、チームメイトと相談してから、購入するかどうかを決めると思います。買ったら、記事にて報告しますね。

サーブの練習法はどうすべきか

こんばんは、主婦バレーボーラーの由美です。今晩は夜更かししてブログを書いています。なぜか、夜は集中力が上がりますよね。その代わり、バレーボールの練習に夜間は向いていません。知識面の強化は夜でもできるので、バレーボールの練習法などの情報を集めています。ただ、体育館でボールを使って練習するだけでなく、こういう勉強も必要ですよね。それで、今日はサーブについて書いてみようかと思います。バレーボールにはサーブやレシーブ、トス、スパイク、ブロックなどの基本プレーがあります。なかでも、私はサーブが苦手なのです。トスやレシーブは得意なのですけどね。私と同じように、サーブが入らないと悩んでいる人は多いのではないでしょうか。打ち方がよくないのか、サーブのコツや練習方法が知りたいところです。今のママさんバレーのチームでは、コーチのように教えてくれる人がいないので、一番上手い人に教わるくらいしか手段がないのです。時間を作って、東京バレーボールアカデミーのようなバレーボールスクールに通ってみるのもいいかもしれませんね。確か、個人指導だったと思います。あとで、東京バレーボールアカデミーの公式サイトにて確認してみますね。そういえば、新しいバレーボールシューズを買いました。購入したのは、ミズノのワルキューレウィングというバレーボールシューズで、安価なエントリーモデルです。シューズに関しては、あまり拘りがないので、価格で選びました。ママさんバレーのチームでは、価格が高いシューズを使用している人もいますけどね。

バレーボールの筋トレと自主トレ

こんにちは、主婦バレーボーラーの由美です。お盆だというのに暑い日が続きますね。どこにも出かけずに、お家でゆっくりしています。普段は土日にママさんバレーの練習があるのですが、お盆休みは帰省などする人が多いので、練習はお休みなのです。こういうときは、情報収集や自主トレーニングのチャンスですね。何もせずに家でゴロゴロしていると身体パフォーマンスが落ちます。ということで、バレーボールのための筋トレや自主トレの方法について調べてみました。きちんと実践しろよという話もありますが。力強いスパイクやサーブを打つためには、腕や肩、胸、体幹の筋肉や筋力を鍛える必要があります。アームプルオーバーやショルダープレス、ワンハンドダンベルロウ、ツイスティングクランチが有効です。これらによって、大胸筋や広背筋、僧帽筋、三角筋、腹直筋などを鍛えます。主に上半身のトレーニングですね。あとは、スパイクの時に必要なジャンプ力を強化する必要もあります。下半身の筋力アップも重要なのですね。スパイクだけでなく、ブロックのときにジャンプ力は必要なので、バレーボールには必須とも言えるトレーニングです。下半身の筋トレ法としては、スクワットやヒップリフト、フロントランジが効果的です。自重でもいいですし、物足りなければ、鉄アレーやダンベルなどを持って負荷をかけてもいいですね。自宅に鉄アレーなどの筋トレ用具がなくても、ペットボトルに水を入れたものを使っても代用できますね。他にも、レシーブやトスのための筋トレもあるのですが、長くなってしまうので、機会があれば記事にしたいと思います。どれも自宅でできるバレーボールの筋トレ法なので、試してみてくださいね。余談ですが、そろそろ新しいバレーボールシューズを買わないといけません。お店に行かないでも、ネット通販でいいかな。

ママさんバレーの人間関係など

今日からブログを書いてみようと思います。主婦をしている由美と申します。愛情をこめて、ユーミンと呼んでください。ブログを始めたのは、ちょっとした訳ありなのです。私は趣味でママさんバレーをやっているのですが、チーム内の人間関係がいろいろと複雑なので、フェイスブックやインスタ、LINEグループなどのSNSだと書けないことをブログで書いていければと思っています。ブログをやっていることは、チームメイトには内緒です。もし見つかったら、ハブられたり、シカトされたりするかもしれません。ということで、ママさんの裏ブログというタイトルなのです。主婦同士の人間関係って怖いですからね。男性には理解できないかもしれません。ママさんバレーの人間関係は、上下関係もありますし、仲がいいとか悪いとかの相性もあるので、発言にはとても気を使います。まあ、愚痴っぽくなることもあるかと思いますが、よろしくお願いします。バレーボールは学生時代からやっていて、プレーするのも観戦するのも好きなのですが、ママさんバレーとなると、いろいろ問題が起こるものです。これから、ママさんバレーを始めたいけど、人間関係ってどうなのという疑問を持つ人も多いみたいですね。ママさんバレーの人間関係については、チームによって、良し悪しがあるかと思います。私が所属するバレーボールチームは、良好なほうだと思われます。もし、ママさんバレーに参加してみようと思ったなら、勇気を持って門を叩いてみてください。お住まいの地域のバレーボールチームはインターネット検索で探すことができます。まずは、練習の見学からですかね。そんなこんなで、今後ともよろしくお願いします。